稲毛も雪 さぶいねー

bay side office アイム設計

今日は事務所のある稲毛も雪です。
今も降っています。
ともかく 今年の冬は寒いですね。

こう寒いと家では当然暖房をいっぱいにして
つけますよね。
この暖房がちょっとトラブル続きなのです。

千葉県というか南関東付近は暖房というと、
直ぐにエアコンで暖房するように考えますが、
これが大きな落とし穴。

エアコンは別名ヒートポンプと言って暖房は外気温を
室内にくみ上げる仕組みになっています。
外気温が下がれば当然室内の吹き出し温度は上がらない
と言うことになってしまいます。
暖冬の時はいいのですが、こう寒いと暖房はかなり厳しい
と思います。

ちなみにエアコンのカタログを見ると表示性能は外気温7°C
で室温20°Cの場合の表示です。
室温を23°Cにしたいとかお考えの方は
表示面積より小さな部屋にお付けください。
というこになります。

やはり北国のように灯油を使った直接の熱源がある方が
いいと思います。
それと、エアコンは嫌いという人がいますが、エアコンの様に
部屋全体が暖まる暖房方式だと、何か物足りない感じがします。

アドバイス
手をかざせる輻射式の暖房機(暖炉、石油ストーブ、電気ストーブ
オイルヒター)などを1台置くだけで満足度がだいぶ違うと思います。
by im-ohiwa | 2006-01-21 13:12 | 建築情報

ひごろ気になること、お得情報をつづります


by im-ohiwa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る