人気ブログランキング |

建築家のぼやき

bay side office アイム設計

建築家が家造りで一番大切にしていることは、デザインであり
・ライフスタイルの提案であり・素敵なインテリや驚きのある
空間のなどなどです。建主の要望を聞き、生活スタイルを
調べ、趣味や人生計画を聞き、そこに建築家のスパイスをいれ
れば、はい建物は出来上がり・・・・まあ予算も収まったし
でも最近の建て主の要望は、まず先に建物の性能に
こだわる傾向が強くなって来ています。特に耐震性能や
断熱性能です。地震がこれだけ多いので耐震性能は
当然でしょう、また地球環境にこれだ関心が集まって来ているので
断熱性能も当然?でしょう いやいや ちょっと待ってください。
断熱性能、特に高気密高断熱は、結果的には環境にいいとしても
そもそもこれは北の方の建設業者の苦労と努力から提案され
はじめ、それをFC化しさらに産業界や熱の研究者が後追いしてきた
テーマです。北発の基準がいまや全国基準なのです。
高気密高断熱の必要性を訴えた功績は大きく、また日本の基準が
確かに海外の基準から比べ遅れていることに気づかせてくれたことも
感謝すべきことです。
私も高気密高断熱は必要と考えていますし、実際設計してきました。
でもその工法は一般的な工法です(FC化した技術ではありません)、
その評価方法は品格法の技術基準にそっています。
私があえて言いたいのはFC化した技術、特に最近よく目にする家造りの本で
このような断熱工法をしないと家造りは失敗する、こういう断熱材を使うと
建物は腐るなど、知らない人が読んだらなるほどそうかと勘違いしやすい
ことがまかり通っているのです。
断熱は必要です、気密も必要です。でも建設地の地域性を考えてください。
冷静に条件を整理してみてください。計画建物のプランはどうか、構造は何か、
予算はどうか、どんな材料を使うか、どんな生活スタイルか、
まずソフトの検討があり、
次に、ハードとしてどんな断熱工法(あくまでも一般的な)が今回の建物には適して
いるかを考えるべきではないでしょうか。断熱材もグラスウールを壁に
入れるかもしれません、ウレタンフォームを外側に張るかも知れません,
サッシを樹脂サッシにしないかも知れません。
それは全体のバランスですし、そうしなければいけないと言うことはありません。問題があれば工夫すればいいのです。

断熱工法は宗教的で、自分の信じている工法が一番いいんだと声を大きくする人が
いっぱいいます。そしてほかの工法を否定するのです。どうしてでしょう?
もっと平たく言えば熱環境工学であり、特別のことでもなくいろいろなやり方を検討すればいいと思います。もう少し楽に考えたほうがいいのではないでしょうか。外内にこだわるのではなく適正技術を選ぶべきです。
本を書いている人が必ず言うことは、設計は設計事務所ではダメだ。
建築家は断熱に関しては勉強していない、木造が判らないと。
これもふざけた話しで、ではあなた方はコンクリートや鉄骨、混構造、
特殊パネルの家など設計、施工できますか。木造に関しても断熱に関しても
多くの建築家が充分勉強しているし、経験もつんでいます。
ただ建築家は同じもので多くの数をこなしていません。確かに
広く浅くの部分もあります。 逆にそのことで勉強もし建て主に今回の建物は
どんな断熱工法がいいのかを提案できるのです。また環境の専門家とも連携できるのです。多くの知恵を集積できるのです。

初めに特別な断熱工法を決めてしまうと、その工法のFC店や、得意と称している工務店に決まってしまいます。工法や予算の検討に制約がかかります。
特に一般的外断熱であれば何処の工務店でも工事はできます。
すでに確立された技術です。
とにかくいろいろな意見、本がありますが比較的一方的に書かれています。
それぞれの本や意見を比べてください。インターネットでもいろいろな
立場で意見が飛び交っています。立場が違えばこうも違う物かと気がつきます。

住宅に関して言えば、どんな家が一番いいのでしょうか。
予算関係なしで言うなら、私は鉄筋コンクリートの外断熱の家で、免震工法の家が一番いいのではないかと思います。但し本人が気に入っていることが
一番条件です。
本を書かれている人は、まず木造が一番いいんだ、在来工法が一番いいんだから話しは始まります。
また、木造ではできない家もあります。
朝陽の降り注ぐ気持ちいい居間や、眺望のいいテラスを持つ高台に建つ家もあります。大きなガレージのある家もあります。
それら特殊建物はやっぱり建築家(設計計事務所でなければ)無理ではないでしょうか。いやうちの技術なら何でもできると言う工務店もあると思いますが、
脳裏にはあの事務所(協力設計事務所)に設計はやらせようと思っている
はずです。でもその設計料は不思議に建て主には請求がこないのです。

長くなりましたが これは全て愚痴です。
by im-ohiwa | 2005-10-30 02:16 | 建築情報

ひごろ気になること、お得情報をつづります


by im-ohiwa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る