最近地震が多いですね

bay side office アイム設計
最近地震が多いですね。
関東大震災からすでに80年以上が経っています。
関東地方の大地震の周期は200年だそうです。
前半の100年は特別大きな地震は少なく、後半の
100年はかなり大きな地震が頻発するそうです。
最近の地震の多さは、いよいよ後半の100年に
突入した感じです。
さて建物の地震に対する工法は、耐震構法と制震構法
と免震構法があります。
耐震構法は、構造体が大きな地震がきても壊れず、倒壊
しない強い構造になっていることなのです。但し内部の壁は
多少壊れるでしょうし、家具も転倒する危険性があります。
制震構法は地震で建物が揺れた場合に、振動のエネルギー
を吸収する装置を建物につけて、大きな揺れが起きた場合に、
直ちに小さな揺れにしてしまう構法です。 この場合は建物の構造や
内部の家具などにも大きな被害は出ないと思われます。
さて免震構法ですが、地面と建物を切り離すことで、大きな地震
の揺れを建物に伝えない構法です。 実際は建物の下に
免震装置の積層ゴムを入れて、大きな地震の揺れをゆっくりとした
揺れ(1/4程度)にまで軽減します。
また揺れ幅を小さくするために、ダンパーと呼ばれる
装置もつけます。
ゆっくり建物を揺らして地震力を弱めようとする構法です。 
では建物の配管はどうなるか心配ですが、配管が
伸び縮みする装置をつけるのです。

最近は免震構法のマンションも増えてきました。


免震装置の様子です            積層ゴムが建物をささえます
d0059977_14503966.jpgd0059977_14535744.jpg


ダンパーです                 配管が伸び縮みします
d0059977_14542716.jpgd0059977_14544210.jpg
by im-ohiwa | 2005-10-26 14:39 | 建築情報

ひごろ気になること、お得情報をつづります


by im-ohiwa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る